「ホワイト」クリスマス

学生時代のスキー合宿。
生涯の仕事に選んだはずのスキー場から離れ、
木工を学んだ木曽山麓での日々。

しんしんと雪の積もる朝の暖かさも、
瞬く星の夜に冷え込むー20℃の氷の世界も、
雪のない地方で生まれ育った僕には驚ろくことばかりでした。

薪のハゼる音を背に、
窓越しに映る「白い」光景。
雪国の子供たちは、
ソリに乗ってやってくるサンタクロースを待ちます。



「ホワイト」Xmas

白漆だけでは表現しきれない
スノーホワイトを
クリスマス(三人展)にむけて用意しています。








「贈りものバイブル」(CREA)では、
 木のスプーンも紹介されています。





三人展のお知らせ  (倉敷市・工房イクコ)

〖Exposition de trois personnes〗三人展
   
   伊藤環  (陶磁器)  16日在廊予定
   艸田正樹 (ガラス)  16日在廊予定
   山本美文 (木工)   16・17日在廊予定

2017.12.16(土)~25(月)   ※会期中無休
     10:00-18:00 ※最終日17:00まで
  (場所)工房イクコ2F :倉敷市中央1-12-9
      086-427-0067

Xmasやお正月

日々の暮らしはもちろん

ハレの日をともにする器

とっておきの器との

温もり溢れるひとときを

少し早めの「メリーXmas」!





打ち合わせ場所の問題?

16日から倉敷(Ikuko)で始まる3人展目前、
来年度の作品展の打ち合わせに。

      場所は、老舗の洋食屋。


外がカリカリ、中はトロトロのコロッケ。
オムライスに至っては、
ボリューム感が半端ない(食べきれない!)

カウンター奥の鉄板で焼かれていた「ビフテキ」を
チラ見しながら、
お腹いっぱいの木工。  ウトウト



眠気ざましに

場所を移動。

美味しい珈琲と
クッキーをいただきながら まったり。
(流れるギターの音色♪が子守唄に)





気分転換に

打合せ場所を再移動。

お腹いっぱいにも関わらず、
メニューを見ながら
「パフェにすべきかフルーツサンドにすべきか」悩む・・・


「ところで、作品展っていつからでしたっけ?」
血液が胃に集中し、
脳に届かなくなった?木工の放った言葉に
唖然とする(ギャラリーの)オーナー。

2018年の作品展は、Sajiからスタートします!!!






澄みわたる空の「青」

つい先日まで鮮やかに染まっていた
木の葉が吹きだまり、
冷たい北風に澄みわたる空と雲の「青」


 水面に映り込むその「青」が、
 移ろいゆく季節や自然の摂理を
 僕たちに教えてくれます。


ストーブに火を点し、
今日も始まる工房の一日。



 クリスマスに向けて開かれる
 倉敷での三人展が近づき、
 独り工房に。

 ラジオから聞こえてくる人の声が恋しいな


 ダイヤルを合わせ、スイッチ on・・・
 真空管が温まるまで、しばらく我慢。
 30秒で音が鳴り始め、
 ほんのり温まるラジオ。
 夏場は遠ざけ、冬場は寄り添いたくなる(笑)

 仕事場での愉しみは、
 デジタルとは異なるアナログの音質。



「ところで、今日って何曜日?」

 ついつい 口癖になってしまう独り言。


同じ仕事を繰り返しているうちに、
曜日がわからなくなってしまう日々が続きます。

         
           ~お知らせ~

〖伊藤環(陶)× 艸田正樹(ガラス)× 山本美文(木と漆)〗三人展

 2017.12.16(土)~25(月)  16・17日在廊予定
                      (場所)倉敷市・Ikuko




Yoshifumi Yamamoto exhibition at honda


         yoshifumi yamamoto exhibition

































(omake)

搬出の宅配便に乗って、
パリから
岐阜(本田)経由で工房にやって来た「つぶらな瞳のカップル」

プロフィール

HN:
山本美文アトリエ
性別:
非公開

P R