宇野の金曜日

芸術祭(現代アート)の島として海外からも注目される直島。

直島行きフェリー乗り場「宇野港」周辺は、
瀬戸大橋がつながるまで
本州~四国フェリー往来の発着口としてにぎわった港町。

そんな街並みエリアで、
「銀座通り」の名残りが感じ取れる場所に並ぶ
 新しい感覚のお店が話題になっています。


パンとチーズとワインがあれば、いつまでも飲めちゃう人に朗報!
まわりがこんがり、
中がしわくてふんわり。
僕好みのバケットを焼いてくれるパン屋さん「HOHO」


チーズに新鮮な野菜を合わせると、
このバケットは、
名脇役を演じてくれる~

やさい屋ポッケは、
新鮮な採れたての野菜が並ぶお店。

今日は新鮮な卵の調理法をお聞きし、
テイクアウトできる
手作りの「びわソーダ」を片手に、
通りをブラブラ。

ん?

「ドイツ、チェコ雑貨と文房具の店」?

階段を上ると、
静岡から移住されてきた御夫妻が
集めた旧東欧諸国の雑貨が並ぶお店に。

店近くの駐車場に停めてあった
赤い「ルノーエクスプレス」は、

奥様の愛車「Krapfen baum号」

ルノー・エクスプレスでは珍しい
1600ccのディーゼル車。
以前、信州の友人が乗っていたのも、
これと同じ車種。
リッター20㎞程走ると聞いていたので、
経済的にも優れものですよね!

日本では乗用車(5ナンバー)で
売られましたが、
本国では商用車として活躍した車。
後ろのシートをたためば、
荷物がいっぱい積めそう。
他にもう1台車を所有しているので、
エクスプレスを手放すことも現在検討中とか?

思わず、
「欲しい!!!」と口走った方(笑)は、
お店を訪ねてみてください。
(外装も、きれいでしたョ。)


向かいのBollard(衣食住と珈琲のお店)さんを覗くと、
ガラス作家の石川昌浩さんとばったり。


今日は寄れませんでしたが、
近くの美味しいハンバーガーやピッツァのお店情報も。
宇野のお店を巡るなら金曜日???
各お店の定休日とにらめっこしてみなくっちゃ!
まだまだ、この街は奥が深そうです。

(内緒話)実は以前から自称「宇野の隠れ麺ファン」。
     田中屋の「ざるうどん」※(味付け海苔・梅干・わさび付き)、
     げんこつ屋のラーメンに足しげく通う丸メガネを見かけるかも・笑
     
     ※味付け海苔と梅干の代わりに生姜を付けてほしい!!!(願)
     

岡山方面からドライブがてら宇野に向かうなら、
食事と珈琲の「グリッドキッチン」、
もはや老舗のいき「ネネグースカフェ」、
セレクトされた本が集まる「451BOOKS」も通り道。

ちょっと道草して、
「八浜駅」方面に走れば、
小さな洋菓子のお店「le Ruban」(ル リュバン)もあるから、
宇野通いは当分やめられそうにありません。





「選べる」自由




クラフトフェアが全国各地で開催されるようになるにつれ、
フェアの形態も、
その土地土地で様々に変化しているようです。

食とクラフトの祭典、
マルシェやガレッジセールとの共催、
趣味の手づくり市、
町おこしイベント・・・etc

時代とともに変わりゆくクラフトフェアの姿を
悲観視する向きもあるようですが、
基本的に、
選択肢が増えることが「選べる」自由に結びつくと思っている僕は、
ひとりの客としての視点を持って
クラフトフェアを応援したいと思っています。

そもそも
アンデパンダン(無審査・無賞・自由出展)で始まったクラフトフェアを
評価(論評)しようとすること自体、ナンセンス(笑)。
むしろ、
「ヒエラルキー」(序列化された秩序や体制)を持たないフェアが、
審査を導入せざる得ない状況下において、
出展者の中に「選ばれた作家」という特権意識が芽生えることの方が気がかり。
(新たな序列化がうまれませんように・祈)

「10年続けた作り手も、昨日始めたばかりの作り手も同じ目線で参加できる」
というクラフトフェアの姿勢の中に、
リベルテ・エガリテ・フラテルニテ(自由・平等・友愛)の精神が宿り、
あがたの森特有の、
淀みのない空気は流れていたのでしょうから。





福井のそば

店主とお話させてもらって以来
いつか寄りたいと思ってた福井市のcafe「moji」に。

空間構成も素敵なうえ、
奥行きの感じ取れる間取りに驚きながら、
ついつい長居。




次の目的地に向かう前の腹ごしらえは、
店主に勧められた近くのおそば屋さん!!!

おろしそば(太麺)と

やまかけ(細麺)を注文。

信州のそばとは違った
福井のそば(三井屋)に、
はまっちゃいそう~~~






次の目的地、
11月に個展を予定している岐阜市の「本田」には、
パリで店主が買い付けた
フランスの古道具が壁に並んでました。

さて、
この中から僕が持ち帰った道具はどれでしょう?
只今 工房で活躍中!
トントン、トントン




「お茶の時間」  百草

「お茶の時間」
2017.7.1(土)~17(月・祝) ※会期中無休
11:00-18:00

(場所)百草 / 岐阜県多治見市東栄町2-8-16
       (0572)21-3368

【出品作家 / 作品・品名】
〖いろいろな茶箱・茶の器各種〗
 長谷川竹次郎(金工) 
 長谷川まみ(金工) 
 佃慎吾(木工) 
 内田鋼一(陶)
 安藤雅信(陶)

〖品目別・五十音順〗
 東屋(御敷・匙など)
 伊藤慶二(湯呑)
 岩田圭介(ポット・片口・湯呑)
 岩田美智子(茶席のオブジェ)
 金森正起(琺瑯皿・片口など)
 辻和美(茶杯と茶托・蓋もの)
 永井健(ティーポット・茶壺)
 ババグーリ(懐紙入れ)
 平林昇(宝瓶)
 水野博司(急須)
 三谷龍二(片口)
 松本寛司(コーヒーメジャースプーン・コーヒーフィルター入れ)
 舞良雅子(絹の箱)
 山本美文(菓子切り)
 矢沢光広(手盆・菓子鉢/皿)
 山口和宏(木皿)
 吉沢小枝(茶席のオブジェ)
 吉田次朗(茶壺など)
 百草(汲み出し・茶巾・茶漉し・ステンレスポットなどプロダクトの道具)
 百草 / アトリエ
   (敷布・ランナー・百草サロン・上衣・下駄・麻足袋・
    オーガニックコットンの夏着物 / 浴衣など)

〖茶葉・豆〗
 丸八製茶場(加賀)
 太田市郎治製茶園(佐賀・嬉野)
 天の製茶園(熊本・水俣)
 櫻井焙茶研究所(東京)
 coffee kajita(名古屋)
 sucre medicinal herbs(多治見)
 中国茶

〖菓子〗
 Organic Vegan Sweets
 菓子屋ここのつ
 ほいあん堂
 coffee kajita
 mimosa



「お茶の時間」をメインテーマにした百草の企画展。

以前、
クロワッサン「美しき日本の手技」の連載コーナーで、
「使いやすいものは美しい」と
(安藤明子さんより)紹介していただいた

【山桜の菓子切り(5本組)】を出品致します。

※お茶会、コーヒーの淹れ方教室なども企画されているようです。
 詳しい内容等々につきましては、百草のホームページをご覧下さい。

izaura(フランス生活具)さんとのコラボ展(終了しました)


  フランス生活具のお店
 「izaura」さんとの
  コラボ展が始まりました。


 6.10(土)~20(火) ※期間中無休
 10:30-19:00

(場所)pleasure : 愛知県蒲郡市竹谷町錦田17-3
          (0533)69-7347

   













時を刻んだアンティークと組み合える「白漆のマチエール」









       え?「カトラリーの標本」

      
標本好きのフランス人向き?(笑)
展示手法は、プレジャー手づくりの四角い額縁上に。
  





名古屋からの帰りしな、
中川区にある「izaura」さんの
店舗の方にも伺いました。


小さなお店だけど、

センスが行き届いた
気持ちのいい空間です!

それに、
店主がヤレタ(下駄)車好き!

仲間が一人増えた~~~
車のそうじしたことない者同志(笑)



プロフィール

HN:
山本美文アトリエ
性別:
非公開

P R