りんごとみかん


        みかんの木(フォーク)

        りんごの木(スプーン)

曲げわっぱ

シェーカー様式のオーバルボックスが、
構造上、日本の気候風土に適していない事を
口にする木工は少ない。

湿度がほぼ一定している場所で使う分には問題ないものの、
日本のように、
湿度の高い梅雨と乾燥する冬を繰り返す気候の下では、
枠(わく)にはめ込んだ木が伸び縮みしてしまうため、
はめ込んだ天板と枠との間にすき間が生じてしまう。



その点、
日本で古くから使われてきた
「曲げわっぱ」は良くできている。

檜(ひのき)の天板が伸び縮みしても、
すき間が生じない構造に。
更に漆の特性を活かし、
汁ものもこぼれないように仕立てている。
(日本の気候風土に適応させた職人の技が光ってる!)


アメリカや日本に限らず、
「曲げわっぱ」は世界中の職人によって愛された工法。
目にすると、ついつい買い込んでしまうのは、
その国々の職人の技や構造(工法)が気になってしまうから・・・

蓋(ふた)を開けると

ハッとさせられるほど
鮮やかな色彩感覚のフランス製。

ビーチ(ぶな)材を曲げている。
(何やら、中身の記載らしき文字が)

蒸して曲げたのかな、
茹でて曲げたのかなぁ~?
天板には、木が伸び縮みしにくくなる工夫が施してあります。


日本で売られているシェーカー様式のオーバルボックスには、
枠と天板の間にすき間が生じないよう、
天板に合板をはめ込んでいるものもあります。
薄い板を張り合わせて積層する合板は、
素晴らしい発想に基づく革命的工法だったと思うのですが、
貼り合わせるためのボンドの成分や耐久性が気にかかります。

そもそも
シェーカー様式から曲木技術を学びたいと思ったのは、
家族が使うための「お弁当箱」に結び付けたかったから。
プラスチック製じゃ
せっかくの献立が蒸れちゃうし、
木の仕事をしている父親が
娘にプラスチック製のお弁当箱を持たせちゃ
「口だけ木工番長」になっちゃうし(笑)。



水気に弱い合板を天板に使うことなく、
汁漏れしない弁当箱に仕立てるために、
世界中の曲木職人の技を盗んで(歴史に学んで・笑)、
漆を施しています。










「作りと素材」

器の製作に追われ、
今は、内緒で(笑)作っている家具。

サイズ感に気を配り、
目立たずとも、
静かに人の暮らしを支える家具を提案できるよう
心がけてきました。

窓にフィットさせた棚
(来客数にあわせて、ベンチにも早変わりします)



裏板・底板にまで
クルミ材を使用。
つまみの形と位置(使い勝手)を、
何日も考えたキッチン。




オーディオやレコード(CD)棚も、サイズで対応。

組み手「蟻組み」の意匠が
デザイン代わり。


脇役が脚光を浴びる時代なのかも?







2018、これからのスケジュール予定


大阪(Saji)展、
岡山での「30‘eme Anniversaire」展を終え、
残す、10月の東京(オカズデザイン:カモシカ)展、
   12月の島根(松江:DOOR)展に向けて 
   制作活動に入ります。








オカズデザインさんとは、
「F・O・C倉敷」10周年記念イベント以来のジョイント。

DOORでは、「30‘eme Anniversaire」展に引き続き、
細川亜衣さんの料理を囲む会のお話を進めてくれている?そうです。

どちらも、
「美味しい作品展」に結びつくよう、努めて参ります。


そら豆

絵を描く合間に木彫を愉しむ画家の姿に憧れ、
いつの日か自分も、
「豊かな自然に囲まれた場所で木工に取り組んでみたい」
という願いをいだいてから
あっという間の30年。

今年も、工房の裏畑でそら豆を収穫しました。

「職人は10年で半人前、20年で一人前に育つ」
と教わった真の意味を知るのに20年かかり、
その後10年かけても伸びきらない茎(自分の才能)に呆れながら
そら豆を育てています。

実のなる日を夢見て木彫した「そら豆」が、

瀬戸内の陽光を浴びています。

プロフィール

HN:
山本美文アトリエ
性別:
非公開

P R